泡盛の製造工程 (琉球泡盛 与那国 崎元酒造)

原料

米は泡盛のルーツであるタイからインディカ米を取り寄せ
使用します。

洗米・浸漬・蒸し

米の糠を良く洗い、水を吸収させ米を蒸します。

製麹

蒸米に種麹を植え付けて麹を造ります。
品温、水分量などに細心の注意を払い、
二日間かけて麹をつくります。

モロミ

水と米麹に泡盛酵母を入れて発酵させます。19日間かけて熟成させます。

蒸留

熟成したモロミを蒸留します。泡盛で使用する蒸留機は単式蒸留機を用います。当社は昔ながらの直火加熱式ですので、モロミの香味成分が濃厚に留出され風味豊かな製品が得られます。

この蒸留時に最初に出てくる酒を花酒と呼びます。

ろ過

蒸留された泡盛は直ぐろ過をし、雑味の原因となる余分な油分等の物質を取り除きます。

貯蔵熟成

ろ過された泡盛は貯蔵タンクで熟成します。年月を重ねるほどに味わいはより芳醇なものとなります。

瓶詰作業

熟成したお酒を瓶詰めし、一本一本丁寧に手作業でラベル貼り、箱詰めをして出荷となります。

ラベル貼りの様子
ラベル貼り
クバ包装の様子
クバ包装の様子
種麹の散布の様子
種麹の散布
製麹の様子
製麹
モロミをまぜている様子
モロミをまぜている様子
蒸留(地釜蒸留機)の様子
蒸留(地釜蒸留機)
瓶詰めの様子
瓶詰め

伝統の蒸留製造を継承。古式地釜蒸留製造過程について

蒸留開始
1. もろみを地釜にいれ火をつけて蒸留開始
撹拌作業
2. 地釜が熱くなるまでもろみが焦げないように人手で撹拌作業中
お酒の蒸気を目あすにフタ閉め
3. 地釜の中からお酒の蒸気がたちあがりお酒の香りがでたら地釜のフタをしめる
蒸気を冷やし花酒、泡盛を抽出
4. 地釜の中で沸き立つお酒の蒸気を冷やし花酒、泡盛が一滴一滴タレだす
蒸留中
5. 2釜同時に蒸留中
微妙な味や香りの変化をつける
6. 左右の地釜のフタの型の違いで微妙な味や香りの変化をたせています
蒸留終了
7. 蒸留終了後、酒タンクへのパイプの取り外し作業中
微妙な味や香りの変化をつける
8. 地釜のフタを開けて釜の中に残った酒カスを取り出し作業工程の終了